FP資格について

FP資格は、国家資格と民間資格に大別することができます。国家資格は「3級、2級、1級ファイナンシャルプランニング技能士」と呼ばれ、一度取得すれば生涯有効な資格です。
入り口は3級資格で、これを取得することによって…

FP試験の難易度

FP資格の難易度は「3級と2級で天と地ほどの差がある」と言われています。3級資格は「進学校」と言われる高校を卒業した人なら、「社会科・政治経済」の授業などを通して得た知識で、解答できてしまう部分もあります。
と…

FP技能士

2002年10月、職業能力開発促進法に基づき、同法により認定される国家資格として、「ファイナンシャルプランニング技能士」検定試験が始まりました。
FP技能士というのは、民間で通用する略称のようなもので、名刺や履歴書に…

CFP

CFP資格は、国際ライセンスであり、日本FP協会はCFP取得者を増やしたいという意向があります。
一方で、あまりにも急にFP取得ブームが広まったために、CFP資格のあまりの難しさの前で、立ち往生する人もたくさんいます。 […]…

AFP

CFP資格が国際ライセンスであるのに対し、AFP資格(協会認定FP普通資格)は、NPO法人「日本ファイナンシャルプランナーズ協会」独自の国内ライセンスです。

日本国内でAFPとして活動している人は多くいますし「CFP […]…

FP3級の学科試験

3級ファイナンシャルプランニング技能検定試験は、FP資格の入り口と位置づけられています。
難易度も、FP試験の中ではそう高くありません。

学科試験の合格者率は7割程度を記録しつづけています。
一方、実技試験の合…

FP3級の実技試験

FP3級の実技試験は、各分野の事例形式の問題が出題され、記述式で解答をします。
学科試験のような「知識の有無」「はい、いいえ」で答える種類のものではなく、計算をした結果を数値で答えるというようなものが多いで…

FPの就職先はどんなところ?

日本FP協会は「独立系FP」を増やしたいという思いがあります。
就職するより「独立・起業」して欲しいのです。

あるいは、FP会社などでの活躍という道もあります。
ただ、独立・起業までに、下積み時代も必要ですので…

このページの先頭へ