FP試験の難易度

FP資格の難易度は「3級と2級で天と地ほどの差がある」と言われています。3級資格は「進学校」と言われる高校を卒業した人なら、「社会科・政治経済」の授業などを通して得た知識で、解答できてしまう部分もあります。
とはいえ、それだけでは合格レベルには達することまではできませんので、気を抜かずに勉強してください。

3級試験で問われる内容は「知識があるか、ないか?」「はいか、いいえか?」という種類の、単純なものが多いので、好きな分野から学習すると良いでしょう。

2級試験ですが、合格率もぐっと下がり、問題の質も格段に難しくなります。
難しい点は「知識のあるなしだけでは解答できず、各分野の知識を関連させて回答しなければならないものが、ずっと増える」という点です。
また、解答の選択肢の示し方も「次の文章の中に、誤りはいくつあるか?」といった問いに、「1つ、2つ・・・5つ」などの解答をする、というものが増えます。
こうなると、受験のテクニックだけで切り抜けることもできなくなります。

FP試験は、学科・実技に別れていて、学科はマークシート式の解答用紙に多肢選択式で解答します。

実技試験は、2級までは記述式の解答が要求されます。

特に、実技試験の合格者率は、試験ごとに変動があります。
ただし、実技試験のほうが解答しづらい、学科試験のほうが、(多肢選択式だから)解答しやすい、ということはあまりありません。

知識がないと、どちらも解答が難しい試験になっています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

実用的な知識を身につけてFP資格に合格したい方へ

FP資格取得を目指すならユーキャンのFP講座がおすすめです。

ユーキャンをおすすめする一番の理由はサポートが充実しているところにあります。
学習中にわからないところが出てきたらメールやFAXなどで経験豊富な講師陣に直接質問できます。

独学だとわからないところが出てきた場合、その疑問を解決してくれる人がすぐ近くにいないと、そのままわからないままにしてしまい、それが原因でまた新たな疑問が出てきてしまうという悪循環になりかねません。

その点、ユーキャンだと添削指導もやってくれます。
講師が受講生の解答を直接添削してくれるので、わかってるようで実はわかっていなかったというところをいち早く見つけることができ、学習効率がグンと上がるでしょう。

知らないと損をする時代。
FPの知識は本当にいろいろなところで役に立ちます。

しかし勉強したことを活かすためには、正しい知識を身につける必要があります。

FPはお金に関することが問われます。 もし間違った知識を身につけてしまったら・・・

そう言ったことからも、ユーキャンのような講座でしっかりと学ぶことが大切だと思います。

詳しい資料の請求は無料です。
☆ユーキャンのFPホームページ☆



タグ

このページの先頭へ