相続・事業継承

FP試験の「相続・事業承継」の分野は、不慣れな方が多いでしょう。

相続というのは、1人の人生に、そう何度も起こることではないので、弁護士、税理士などの仕事に就いている方以外の、一般的な生活を営んでいる方は、非常に戸惑うことも多いものです。
そのため「子どもに苦労をさせないために、生前に対策をしておきたい」と考える方も増えています。

私の身近でも、相続の手続きに奔走し、やっとめどがついたと一安心していた人のもとへ、全く予想もしていない金融機関から、故人宛のキャンペーンハガキが届いた、というケースを目にしたことがあります。

予想外の財産があったこと自体は、喜んでいいことのはずですが、相続手続きのあまりの大変さに疲弊しきっていたその人は、ハガキを見て「まだ終わらないのか」と奥様と怒鳴りあいになってしまわれました。

人が天へと召される時期というのは、突然やってくることもあります。
相続税を納めようにも、何の準備もできていないという人も珍しくありません。
そのため、相続税には延納や物納といった制度があります。
贈与の場合には、予め渡す時期が決まっていますので、延納のみ認められています。
こうした知識は、FP試験でもよく出題されます。

また、2級FP技能士試験では、試験独特の家系図が登場するようになります。
「現実にこんな家族はいないだろう・・・」と呆れるような、複雑な家系図です。
そういう家系でないと、試験問題を作りにくいという事情もあるのでしょう。

ただ、早く慣れないと、試験のときに「いったい誰の相続分について、問われているのか?」を混乱するほどの内容ですので、相続・事業承継の分野は、早い時期から学習をスタートしましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

実用的な知識を身につけてFP資格に合格したい方へ

FP資格取得を目指すならユーキャンのFP講座がおすすめです。

ユーキャンをおすすめする一番の理由はサポートが充実しているところにあります。
学習中にわからないところが出てきたらメールやFAXなどで経験豊富な講師陣に直接質問できます。

独学だとわからないところが出てきた場合、その疑問を解決してくれる人がすぐ近くにいないと、そのままわからないままにしてしまい、それが原因でまた新たな疑問が出てきてしまうという悪循環になりかねません。

その点、ユーキャンだと添削指導もやってくれます。
講師が受講生の解答を直接添削してくれるので、わかってるようで実はわかっていなかったというところをいち早く見つけることができ、学習効率がグンと上がるでしょう。

知らないと損をする時代。
FPの知識は本当にいろいろなところで役に立ちます。

しかし勉強したことを活かすためには、正しい知識を身につける必要があります。

FPはお金に関することが問われます。 もし間違った知識を身につけてしまったら・・・

そう言ったことからも、ユーキャンのような講座でしっかりと学ぶことが大切だと思います。

詳しい資料の請求は無料です。
☆ユーキャンのFPホームページ☆



タグ

このページの先頭へ