不動産

FP試験の「不動産」の分野でよく出題されるのは、「都市計画法」「建築基準法」などの法令についてです。

3級では、土地や家屋、道路の簡単な見取り図が描かれてあり、この場合「道路幅が何m以上必要か」といった問い方がされます。
また、建ぺい率や容積率を求める出題もあります。

FPの仕事でも「将来、マイホームを持ちたい」と考える顧客に「どのくらいの家を持ちたいか?」「それにはどのくらいの予算が必要か?」「どの地域なら、その家を建てることができるか(土地の評価額や都市計画法の関係で)」といった相談が持ち込まれることがあります。
不動産は大事な分野です。

もう一つ大事なのは、「相続・事業承継」の分野との関連性です。

「家や土地を相続する」という人は多く、また日本の国策として「住む家はできるだけ確保する」という方針があります。
相続税を払うために、家を売らなければいけないという自体が、できるだけないように、と様々な方策があります。

たとえば、現に住んでいる家の評価額は低くすることができて、相続税を抑えるという考え方があるのです。

土地や建物を売買することは、人間の「一生に一度」の大きな買い物となりますので、事前に貯蓄をして、「いつごろ、どこに購入するのか?」というライフプラン全体に関わる問題となってきますので、FPは不動産の知識を充実させ、顧客の相談に応じることができるようにしましょう。

FP試験を通して、不動産の知識を得ることは、とても大切ですね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

実用的な知識を身につけてFP資格に合格したい方へ

FP資格取得を目指すならユーキャンのFP講座がおすすめです。

ユーキャンをおすすめする一番の理由はサポートが充実しているところにあります。
学習中にわからないところが出てきたらメールやFAXなどで経験豊富な講師陣に直接質問できます。

独学だとわからないところが出てきた場合、その疑問を解決してくれる人がすぐ近くにいないと、そのままわからないままにしてしまい、それが原因でまた新たな疑問が出てきてしまうという悪循環になりかねません。

その点、ユーキャンだと添削指導もやってくれます。
講師が受講生の解答を直接添削してくれるので、わかってるようで実はわかっていなかったというところをいち早く見つけることができ、学習効率がグンと上がるでしょう。

知らないと損をする時代。
FPの知識は本当にいろいろなところで役に立ちます。

しかし勉強したことを活かすためには、正しい知識を身につける必要があります。

FPはお金に関することが問われます。 もし間違った知識を身につけてしまったら・・・

そう言ったことからも、ユーキャンのような講座でしっかりと学ぶことが大切だと思います。

詳しい資料の請求は無料です。
☆ユーキャンのFPホームページ☆



タグ

このページの先頭へ