リスク管理

リスク管理の分野で勉強するのは「保険とはどういうものか?」ということです。

保険というのは「加入者がお金を出しあい、困った人がいたら助け合おう」という相互扶助の精神から生まれたものです。
イザというときに備えて、貯金をしておこうと思っても、500万円、1,000万円と貯蓄をするには、それなりの時間がかかります。
しかし、保険に加入すれば、「明日500万円が必要」というときに、すぐに助けが得られるということが、特徴となります。

保険募集人として働いている人が、FP資格を取得するケースは、非常に多いです。
保険というのは、闇雲に入ればよいのではなく「困ったときに、必要な助けが得られるようにしておく」ことが大事ですし、逆に「必要以上に加入しても、保険料だけがかさんでいく」というデメリットもあります。

実際、FP業務に就いている人が、顧客のかけている保険内容をチェックすると「かけすぎ」に陥っている人が多いのです。
友人・知人からの勧めで、契約内容をよく把握しないままに加入してしまい、いったいどういうときに、補償が受けられるのかを知らない、というケースも多々あります。

また、損害保険の内容も、見直しが進められています。
最近は「自動車保険を見直すと契約料が安くなる」という宣伝に踊らされる人が多いのですが、「リスク細分型保険」は、状況によっては自動車保険料が安くならないケースもあります。

また「子どもが運転免許を取ったので、親の車で運転をさせてしまったが、保険事故が起こっても、年齢制限の関係で補償が受けられなかった」ということが、時折起こります。

FPは、自動車保険の契約内容を今一度確認し、自家用車の運転状況にあった保障内容になっているか、確認するのも大事な仕事です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

実用的な知識を身につけてFP資格に合格したい方へ

FP資格取得を目指すならユーキャンのFP講座がおすすめです。

ユーキャンをおすすめする一番の理由はサポートが充実しているところにあります。
学習中にわからないところが出てきたらメールやFAXなどで経験豊富な講師陣に直接質問できます。

独学だとわからないところが出てきた場合、その疑問を解決してくれる人がすぐ近くにいないと、そのままわからないままにしてしまい、それが原因でまた新たな疑問が出てきてしまうという悪循環になりかねません。

その点、ユーキャンだと添削指導もやってくれます。
講師が受講生の解答を直接添削してくれるので、わかってるようで実はわかっていなかったというところをいち早く見つけることができ、学習効率がグンと上がるでしょう。

知らないと損をする時代。
FPの知識は本当にいろいろなところで役に立ちます。

しかし勉強したことを活かすためには、正しい知識を身につける必要があります。

FPはお金に関することが問われます。 もし間違った知識を身につけてしまったら・・・

そう言ったことからも、ユーキャンのような講座でしっかりと学ぶことが大切だと思います。

詳しい資料の請求は無料です。
☆ユーキャンのFPホームページ☆



タグ

このページの先頭へ