AFP

CFP資格が国際ライセンスであるのに対し、AFP資格(協会認定FP普通資格)は、NPO法人「日本ファイナンシャルプランナーズ協会」独自の国内ライセンスです。

日本国内でAFPとして活動している人は多くいますし「CFPは難しいし、実務経験を経てから取得する必要もあるので、とりあえずはAFPとして活動を続けていく」という人も多くいます。

AFP資格取得のためには「日本FP協会認定の教育機関が、認定研修規定にそって開催するAFP認定研修を終了しなければならない」とされています。

AFP認定研修を修了し、国家資格である「2級ファイナンシャルプランニング技能士」試験に合格することで、日本FP協会に入会し、AFP資格認定会員として登録することができるようになります。

試験合格後に、AFPとして仕事をしたい場合には「日本FP協会に個人会員として入会すること」「日本FP協会が定める倫理規定厳守にサインをすること」が必要となります。

試験合格後も、一定期間ごとに継続教育を修了し、資格の更新を続けていくことが必要です。

FP資格に興味がある人以外の方は「ファイナンシャルプランナーには、資格のレベルがある」といったこと自体が、あまり浸透しておりません。
私も3級取得時点で「わざわざ名乗る必要もない」と思っていたのですが、他の人からみれば「3級であっても、FPの資格がある」ということは、「すごいね!!」って言われることになります。

国内で一般的なFPとして活動するなら、AFP・2級FP技能士を取得していれば、実務にも差しさわりがないでしょう。

3級レベルでは、他の人からは有資格者と認識されるかもしれませんが、やはりご自身が、知識不足と感じられるかと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

実用的な知識を身につけてFP資格に合格したい方へ

FP資格取得を目指すならユーキャンのFP講座がおすすめです。

ユーキャンをおすすめする一番の理由はサポートが充実しているところにあります。
学習中にわからないところが出てきたらメールやFAXなどで経験豊富な講師陣に直接質問できます。

独学だとわからないところが出てきた場合、その疑問を解決してくれる人がすぐ近くにいないと、そのままわからないままにしてしまい、それが原因でまた新たな疑問が出てきてしまうという悪循環になりかねません。

その点、ユーキャンだと添削指導もやってくれます。
講師が受講生の解答を直接添削してくれるので、わかってるようで実はわかっていなかったというところをいち早く見つけることができ、学習効率がグンと上がるでしょう。

知らないと損をする時代。
FPの知識は本当にいろいろなところで役に立ちます。

しかし勉強したことを活かすためには、正しい知識を身につける必要があります。

FPはお金に関することが問われます。 もし間違った知識を身につけてしまったら・・・

そう言ったことからも、ユーキャンのような講座でしっかりと学ぶことが大切だと思います。

詳しい資料の請求は無料です。
☆ユーキャンのFPホームページ☆



タグ

このページの先頭へ